歴史的アーカイブ:2014-11-27

ピッタリはまりました 純正よりかっこいいです また機会があれば利用したいです
The service was great and the products just as the picture and they were on time.
基本的に手帳にメモ代わりに貼り付ける為に購入しました。 濃い色はかなりハッキリクッキリ印刷できましたが青系白系の薄い色はかなりボヤけた印象です。 印刷ソフトも使い易く概ね満足です。 但し今後の専用用紙が手に入りにくくなってしまいそうなのが気掛かりです。
X-T1で使っています。 最初の印象は、ズームリングがかなり重いこと。 普及クラス・大口径クラス含め、私が使った事のある他社のどの望遠AFズームより重く感じます。 ですが、そのぶん自重で伸び縮みすることがほぼありません。 素早いズーミングもできにくいですが、おかげで下向き上向きでの長時間撮影中に焦点距離が変化してしまう心配をせずにすみますから、良い事でもあるでしょう。 実はズームリングに関して、18-55mmのキットレンズと同じように金属製だと思っていたのですが、ゴムが巻いてありました。これはその回転の重さをカバーするのに役立っているようです。 そのせいか使い始めるとリングの重さは気にならなくなっています。 AFは今の基準では早いとは言えません。特に近接では最初に迷うと、かなりゆったりと合わせるようです。 もちろん撮影可能距離範囲内であれば(そしてAFが合いにくい被写体でなければ)最終的には合ってくれるのですが、動体撮影に向くレンズではないかもしれないですね。 カタログによると最短撮影距離は1.1m。実際に計ってみると、撮像素子まで104cm程度でしょうか。 300mm相当の画角ですから十分だと思います。 ちなみに望遠端の最短撮影距離で、長辺約11.5cmが画面一杯に写るようです。ちょうど横にしたiPhone4がギリギリ入るかどうかくらいですね。 肝心の画質についてはまったく文句なし。 この価格帯の望遠ズームで、開放からこれだけよく写るレンズは少ないのではないでしょうか。 シャープでコントラストの高いクリアな画像が得られています。 細かいことを言えば、開放付近で周辺部のボケにやや不自然さを感じる事はあるものの、周波数の高い被写体でないかぎり目立つ事はなく、全体として非常に優秀と感じます。 手ブレ補正はものすごくよく効き、私程度の腕でも、望遠端で1/30くらいならほとんど100%の成功率です。 望遠端F4.8というのも頑張ってますし、広角端からのF値変化も、どこかの焦点距離で急に暗くなったりせずリニアに変化します。 比較的安価な望遠ズームレンズではあるものの、質感や作りの良さは健在。 上記画質や手ブレ補正も含め、安心してまかせられるという印象です。 私の場合はニコン機をメインに風景をよく撮っていて、もともとX-T1は散歩やスナップ用のつもりで購入したのですが、写りの良さと扱いやすいサイズと重量で、活用機会が予想していた以上に多くなっています。 この望遠ズームを加えることで、風景もひととおりの撮影をこなせそうですから、より持ち出す機会が増えそうです。 価格を含めたいへん優れたレンズであり、満足度は高いです。 のんびりしたAFがマイナス点と言えますが、風景撮影が主の私は星の数は減らさずにおきます。
容量を変更出来る点がとても良いです。タンクにもケツにもつけれるので重宝してます
前任のエルフが壊れたので買い替え なんかゴッツくなったので扱いにくくなってないか?? と心配でしたが、ほぼ杞憂に終わっています これを履いて歩く気分は何だかロボコップ!(笑) 街乗りで使って歩きが多くなるシーンでも疲れにくいです バックルは初期の調整をきちんとやれば問題ないと思いますが、少々ウェストがある人は結構かがまないとうまく操作できないかも、です ただ何のせいかわかりませんが、普通のオートバイに乗る時ギアチェンジがうまく行きませんでした ライディングブーツでは何の問題もなくギアチェンジできたのに、そう作りに問題があるとも思えないのに、です ライディングブーツより多少内側の幅があるのでそのせいか? と疑っていますが結論は出ません 通勤でスクーターに乗る人にはオススメでしょう。ガードすべき部分はしっかりガードしているし足首の自由度も高いです
Windows8.1(64bit)に繋いで使ってるのですが、何故かカード挿入してもドライブF:表示が出ず、デバイスマネージャーからドライバーの更新を行うと表示が現れます。(ドライバ自体は最新なので更新は行われないですが。) オウルテックのサイトの送信フォームで問題点を指摘しても、音沙汰が無く(一応1週間は待て、と明示されてますが、質問を受け取った位の返事はして欲しいです。 尚、その後MBへのUSB接続の位置や場所を変えたら、元々の接続位置に戻しても表示する様になり、微妙な接触不良だったな、と思って、オウルテックにも送信フォームで解決の報告をしました。(接触不良なら一応、暫く様子見が必要な事は書きました。) が、翌日には全く同様に再発してしまい、元の木阿弥です。で、ちょっと別の対処を行ったら、又解決してしまったのですが、又再発したらオウルテックへの報告が面倒なので、暫く様子見してから書くつもりです。 長々と書きましたが、今日現在時点ではマトモに使えてない、って事は、事実としてここに報告しておきます。 P.S 結局、返品して調査して貰う事になりましたけど、調査結果では何ら問題が検出されず、代替品を受け取りました。 代替品は、初日には1回目の差し込みから正常認識し、ドライブF:として即表示されました。以降、何度抜き差しやってもOKでした。 ホッとしましたが、翌日からは又認識不良が出ました。一回目の挿入でUSB上ですら認識せず、ドライブ上のLEDは赤点灯したままなので、仕方なく再起動しました。すると起動終了後に認識されました。以降はやはり何度か抜き差しした(パナ製とサンディスク製の2種類で試してます)が、問題無く認識されました。 でも翌日の一回目はやっぱり駄目。で、買う時から気になってた、解放されっぱなしのSDカード挿入口をテープで塞いで、埃対策をしました。使う時だけ外す訳です。 これを行ってからは、一回目で失敗する頻度が、かなり減りました。(無くなってはいない。) 結論としては、埃や差し込むSDカードの端子の状態等で、微妙な接触不良が発生してるのが原因と思えます。代替品でこれでは、これ以上は望むべくも無いので、これでこの問題は決着とします。 但し、評価は☆2から3つに+1アップ迄です。(使えるけど、余計な手間と注意が必要な事が理由です。) やっぱり外部に晒される事が前提なUSBポートと違って、メモリカードのポートは、フロッピーディスク挿入口の様な蓋(orカバー)が必要だと思いますし、製品としての元々の短所と考えます。 P.S+ 「ちょっと別の対処」はコメントに書いてあります。amazonのレビューの再編集の方法が、その頃は未だ良く分かってなかったもので。 尚、今でもハッキリとは分かりにくいです。「あなたは既にレビューを書いてます。」と拒否される手順が多く、編集可能な画面に行く手順がイマイチはっきり分からずに試行錯誤する事が多いです。