カスタマーレビュー: メジャークラフト-ショアジギングロッド-ショアジギング-SPS-1062MH-10-6フィート

1062MHと1002LSJの比較

メジャークラフト-ショアジギングロッド-ショアジギング-SPS-1062MH-10-6フィート

1062MHと1002LSJを両方購入し実釣して試してみた。 両方の製品を一言で言うなら、本製品のMHがショアジギングロッド、LSJがライトショアジギングロッドと商品名の通りである。 MHが適合ルアーが40-60g、LSJが30-50gと上限下限が10gしか変わらないが、太さ、重さ、固さは差がある。 MHはグリップも太く、自重は公表されてないが、恐らく280g程度。10.6Fという長さで遠投を重視しており、大型青物まで対応できる強さがあるのでこの自重も納得。2時間も投げていると疲労を感じてくるので休憩を挟みながら投げるようにしている。 重い、などと言ってる人もいるが、ジグキャスターやコルトスナイパーなど、ベストセラー商品も300g近くあり、MH、Hクラスのロングロッドだとこの程度の自重は割と普通だという事です。 3万、4万とか出せば10F以上で200g程度のMHもあるのでどうしても軽いものが良ければコストに目をつむりそちらを買うべきでしょう。 自重はそこそこある代わりに、ロッドは強くルアーもロッドの軽いしなりで力を入れなくても飛んでいく。 4,50㎝の魚だと全く相手にならず、簡単に寄せて抜き上げる事が出来るし、メータークラスのブリなどがかかっても対応できるバッドの強さがある。、パワーがあるのでPE3号に60ポンドのリーダーなど巻けば磯などキツイフィールドでも活躍できる。  キャスティングに関しては穂先は固めのロッドなので、普段MLなどのシーバスロッドでジギングしてたり、経験の浅い人だと、シーバスロッドのように前腕と手首だけで風切音出してキャストするようなイメージを持ってこのロッドを購入すると、見当違いだった、と感じるかもしれない。 キス釣りのプロがサーフロッドで大遠投するように、実際はそこまでしなくても良いんだが体重移動と遠心力を効かせて投げると、太いPEでも飛距離が出せるし腱鞘炎にもならないだろう。 ちなみにルアーの飛距離はPE2号の太糸でも40gメタルジグだと90M、50、60gだと100M程の距離が出る。ショアスローやタングステンのフォルムの小さなジグであればPE2号でもアベレージ110M程は稼げると思われる。流行りのかっとび棒はMAX80M程。   トップガイドをツインロックスナップが通るのも釣行後いちいちスナップを切らなくてよいので何気に有難い。 一方、LSJの自重は205g。MHと重量の差があり、軽くて扱いやすい。対象魚がMHは大型青物対応、LSJは中型青物対応と記載されており、MHに比べグリップが細く、穂先も柔らかく、しゃくりがやりやすい。 PEも2号まで対応しており、大型青物も時間かければ釣り上げる事は出来るだろう。 基本は3、40gのルアーで7.80㎝程度までの魚を狙うならこのロッドで十分。体力にそこまで自信がない人やショアジギ初心者の方はこちらを使うのが無難。 この二本の私の使い分けとしては現在サーフでヒラメと青物を狙っており、この時期でもメータークラスのサワラ、10キロ超えのブリが回遊してくる事がある。その為、MHでPE2号にHG5000番のリールで、いつでもナブラ打てるように50gか60gのメタルジグを遠投し狙う事が多い。 60㎝前後のサゴシはよく釣れており、ドラグも出される事もなくラインとロッドのパワーでゴリ巻き回収している。 これが夏になるとサイズが冬より落ちるがヒラメもよく釣れ、マゴチも釣れ始める。青物もブリやカンパチの幼魚となりサイズも4,50㎝程度になり今より釣れるようになる。つまり数釣りになり、キャスト数が大事になるのでLSJに1.2号を巻き、遠投しながら数釣りをする事になるだろう。熱くて体力の消耗もあるので夏はMHよりLSJを多用する事が多くなりそうだ。  ショアジギ専用ロッドが二本揃えても12000円程と格安価格。 用途別に使い分けも出来、とにかくコスパが高いので満足している。

メジャークラフト-ショアジギングロッド-ショアジギング-SPS-1062MH-10-6フィート

関連コメント

メーカーに電話で聞きましたが、Amazonの商品はAmazonの倉庫から発送されるみたいで、中身の確認はされてない様でした。 この商品は、箱に入ってる物ではなく袋なので、商品の確認は出来そうと思います。 今週使用したく、リールを取り付けてみたら手前のガイドが45°も傾いてるのにビックリしました。 交換してもらうのも、クレジットカードの登録しないと不可能で不便に感じました。 商品としては★を5つ付けたいのですが、今回はAmazonさんに★を付けました。
  • Amazonさんも商品確認してみては?
やっぱりチョイ重いけど想定内。そのぶん飛ばせるから気持ちいい。
ショアージギングの入門には、申し分ない価格と性能だと思います。
コストパフォーマンスがよく、とにかくパワーのあるキャストができる。砂浜、ゴロタ浜からなど遠投が必要なシーンに抜群です。
作りがしっかりしていていい。ショアジギングの他にちょい投げ等にも使えている。
もっと見る

Next page