カスタマーレビュー: JVCケンウッド-GC-DR1-ドライブレコ-ダ

後方用に購入

JVCケンウッド-GC-DR1-ドライブレコ-ダ

後方用ドラレコを探していたところ本製品が目に留まりました。 microSDHCカード32GBまで対応の製品が多い中で、本製品はmicroSDXCカード128GBまで対応している。 GPS搭載なので自動で時刻補正。この2点が購入理由でした。 取付けは、渡り配線用ゴム管が思ったより狭く本製品の電源側プラグがL型なので通すのに苦労しましたが 2時間位で完了しました。 画質はスモークガラス越しの映像なの暗いですが確認は出来ます。 VINEメンバーの評価方が随分多いですが、あまり人気のある商品ではないのかなぁ?

JVCケンウッド-GC-DR1-ドライブレコ-ダ

関連コメント

Vineプログラムによる提供を受けてのレビューです。 これまでケンウッドDRV830を使ってきました。 自車に2台並べて付けてテストしました。 取り付けはフロントガラス上部に両面テープで本体を貼り付け、 シガーソケットから電源を取るだけと簡単です。 ケーブルを視界と足下の邪魔にならないようにうまく取り回せばOKです。 ドアに接するボディ側のゴムを手で引っ張って外すときっと隙間があるので そこにケーブルを押し込んで通すと良いです。 業者に工事を頼むことなく自分で取り付けられると思います。 自分は慣れてはいますが10分ほどで取り付けることができました。 SDカードを挿入して指示通りフォーマットすれば ドライブレコーダとしてはなんの設定もせずに使うことができます。 駐車モードや安全支援機能のオプション機能の設定も 画面の指示に従えば簡単にできました。 手動でイベント記録を始めるには、右側角の赤いボタンを押せば可能なのは 運転中でもとても分かりやすい良いデザインだと思います。 バッテリーを内蔵していて電源供給がOFFになってから駐車監視もできるのは便利ですが、 OFFから15分とはコンビニの買い物程度でスーパーでの買い物には短いですね。 (バッテリーを内蔵しないケンウッドは車載バッテリー電源を使う方式で異なっています) 取扱説明書は簡易版が同梱されています。 詳細版はHPでダウンロードするようになっていますが、 付属の説明書だけでも使えそうです。 率直な感想としては同じJVCケンウッドブランド社の製品でサイズ感なども良く似ていますが、 JVCブランドとKenwoodブランドではまったく違う開発製品のように感じました。 本体サイズはほとんど変わりません。 液晶サイズは2.7インチでDRV-630と同等(DRV-830は3インチ)ですが、 走行中に液晶を見ることもほとんど無いし、再生するには本体ではなくPCを使うと思います。 最大記録画角は各機種のスペックを見ると以下のようになっています。 GC-DR1: 水平:121°、垂直:59°、対角:141° DRV630: 水平:102°、垂直:58°、対角:115° DRV830: 水平:132°、垂直:70°、対角:144° 画角は広いほうが良いですが、 この商品でAピラー(フロントガラスの縦窓枠)の下方が映っているので 十分だと思います(取り付けた車は3ナンバーセダンです)。 取り付けステーはケンウッドの方がコンパクトで、よりガラスの近くに設置できます。 電源コネクタは一般的なミニUSB(B)タイプを使用しているため 専用コネクタのDRV-830より大きいです。 MicroSDにはmp4形式で保存されるので、見るだけならほぼすべての再生ソフトで可能です。 専用のビュワーソフトは付属のCDのほかHPにも有ります。MacOSXもサポートしています。 保存されるデータ形式が異なるようでケンウッドのビュワーソフトでは再生できませんでした。 添付のビデオはこの商品で2304 x1296MP4で収録されたものですが 明暗のサンプル用に1280x720のMP4に変換しています。 運転するのも厳しいほどの直射日光からトンネル内の映像を編集しました。 関東なのでトンネル内照明は50Hzです。 ドライブレコーダー定番の27.5fpsでの記録なので LED信号が消えてしまうことは有りません。 JVCはコントラストだけでなくクロマも強めで、ビデオカメラメーカーっぽい印象を受けました。 ドライブの記録として残すにはきれいな映像だと思います。 ケンウッドのほうはコントラストが低めの明暗の差が少ないような印象で、 ドライブレコーダーの記録映像としては見やすいように思います。
  • 高性能ですが入門機としても
ノアに取付して作業も大変ではなく動作も確認できて満足しています。全く不安はなく使用しない事を願いっています。
購入したばかりですが、エンジンを始動しても起動しない不具合。 20回に1回くらいは起動しますが、ほとんど手動で起動させています。 サポートに連絡して、送付修理状態です。
性能とブランド、価格も手頃と判断してこのモデルに決めました。先週購入し、早速車に装着。1週間使った感想です。 取り付け…フロントガラスに貼り付け、コードを取り回し、シガーソケットに差し込むだけなので基本カンタン。特に悩むことなく装着完了しました。 画質…これはスゴイ、ビデオカメラで撮るより綺麗?かも。夜間とかもキレイに撮れてるし、トンネルの出入り時の白飛びとかもなく、さすがJVCってとこでしょうか。 機能…運転支援機能を使ってますが、当然ながら(^^)今のところ深刻な場面がなく評価できません。ただ、やや過剰に反応するのはご愛嬌か。入り切り出来るので今後見極める予定です。でも前方衝突警告機能は万が一のためにも入れとくつもり。 全体的には性能面・機能面ともに十分満足してます。
取り付けは実に簡単でした。早速録画画像確認。トンネルの出入りや夜間でもきっちりと相手車両ナンバー確認可能で来ました。価格は安いですが、さすがビデオカメラメーカーの商品。 購入前にフルHDなのに画質が悪いと言う書き込みを見ましたが、再生時の設定ミスもしくは故障ではないかと思います。 また、使用頻度の高い方は付属のカードよりも高耐久の物を使用する方がいいと思います。前に使用していたドライブレコーダーは3年程度でカードがエラーになりました。 これはどの商品もそうみたいですが購入時の付属品はスタンダード品で書き込み回数が少ないようなので使用途中でカードがエラーになるようです。 いつ起きるかわからない事態に備えて高耐久品を購入する事をおすすめします。
もっと見る

Next page