カスタマーレビュー: TNI-ティーエヌアイ-ボンベセット-バルブタイプ-2600462

一瞬で充填完了 ミニポンプで7気圧は地獄

TNI-ティーエヌアイ-ボンベセット-バルブタイプ-2600462

CO2インフレーターには、開放弁付きのタイプと、ないタイプがあります。 本製品は、開放弁付きのもので、特に初心者さんにおすすめします。 理由は、CO2インフレーターを使うのは外出先がほとんどだと思いますが、外出先のパンクというのは、突然のことで気が動転したり、修理の様子を道行くクルマ、歩行者からじろじろ見られたりで、あたふたしてしまうものです。 そんな時に、開放弁という安全装置があるだけで、ミスを減らすことができるからです。 以下、詳述します。 1 一瞬で充填完了 ボンベを装填して、開放弁をひねれば一瞬で充填できます。 2秒とかからずに、タイヤがぱんぱんになる様子は、マジックを見ているようです。 2 ミニポンプで7気圧は地獄 700c 25mmのチューブであればおおよそ7気圧まで充填可能です。 MTBなどの太いタイヤの場合は、数本のボンベが必要になると思います。 外出先で、CO2ボンベを使わずに、パンク修理をしたことがありますが、ミニポンプで数百回のポンピングをするのは地獄です。 どんなに力を入れても、4-5気圧くらいまでが上限で、リム打ちに注意しながら、そろーりそろーりと帰宅しました。 さらに、当たり前ですが、とんでもなく体力を消耗します。 3 チューブにやさしい ミニポンプで強引に何百回もポンピングすると、バルブの根本が破損してしまって、パンク修理が不可能なくらい、チューブに致命的なダメージを与えることがあります。 自分も外出先で、パンク修理をしたあと、ミニポンプで空気を充填して、バルブ根本に穴をあけてしまったことがあります。 結局チューブ交換をする羽目になり、二度手間、三度手間で、とんでもなく時間がかかりました。 CO2ボンベを使えば、そのようなリスクを軽減できます。 (ボンベ代が数百円かかるので、もったいない気がしますが、チューブにダメージが蓄積するよりはマシかも。。。しれません) 4 老婆心ながら 注意点をすこし申し上げるとすれば、ボンベを装着する前に、開放弁がちゃんとしまっているか確認することです。 開放弁があいたままボンベを装着すると、一瞬のうちに一本無駄遣いになります。 また、パンク修理の一般的注意ですが、タイヤがチューブを噛んでいないかよくご確認を。 ポンプと違って、CO2ボンベは一瞬でCO2を充填させるため、タイヤがチューブを噛んでいると、これまた一瞬でバーストします。 以上、ご参考までに。

TNI-ティーエヌアイ-ボンベセット-バルブタイプ-2600462

関連コメント

シュワルベプロワンとWH-RS500 上がりました。 おすすめです。上げるだけなら、16gで、2本行けると思います。 解放コックがネジ式ですが、ちょっとひねれば十分な勢いで出ます。しっかりした作りです。 使用時は急冷注意です。気が付けば、痛いです。 追記。ボンベには内容量が表記されており、機内持ち込みができる様です。 さらに追記。面白いから、何回もやりたくなります。始めてなら、4本付きなどの方が、楽しめます。
  • ビード上げる手段に
携帯空気入れで入れる時間と労力を考えるとCO2ボンベがベストだと思います。 パンク修理して使う時は携帯空気入れと併用すると良いでしょう。 時間を節約したければ替えチューブで。 米式・仏式兼用タイプですので英式で使用したければ『Panaracer(パナレーサー) エアチェックアダプター』が便利です。
良い。専用のケースが欲しい。ボンベを裸でバッグインは怖いので、百均で売ってる、テーブルや椅子用の靴下を買ってきた。ニット製で丁度よく保護されるのでおススメ。
これまでは大き目の携帯ポンプをボトルゲージ脇につけてましたが、見た目と300回以上のポンピング対策で、本商品と小型携帯ポンプをツールケースに入れるようにしました。 対パンク性能が高いタイヤ&チューブ、そして走行前の空気入れで、幸いにパンクの経験がありませんが、本商品でまたパンク対策が向上出来て良かったです。 ブログや動画などを見ると、本商品だと一瞬で空気が入るようですね。本商品を試してみたいとの思いから、ちょっとパンクが楽しみに思えるようになったのが一番のメリットかも。
使い心地はさておき、 写真でちゃちいなと思っている方は安心していいと思います。 しっかりと出来ていて、高級感があり、1300円とは思えないくらいです。
もっと見る

Next page